【キルギス伝統紹介】~キルギスの伝統移動式住居 “ボズユイ”~

<ボズユイ>

ボズユイとは、フェルトでできたテント型の住居で、キルギス語でボズ=灰色 ユイ=家という意味を持ちます。(ロシア語でユルタ) 

遊牧生活を送っていた時代に、人々はボズユイで生活をしていました。

ソ連時代に村や住居を与えられ、定住型の生活に変わった今でも、夏の間は羊や牛、馬などを放牧しながらボズユイで生活する人々が多くいます。

 キルギス国旗の中心にボズユイの天窓が描かれている通り、ボズユイは、キルギスの象徴と言えるかもしれません。  

カラコル名物 「アシュランフー」

 

大会会場のあるチョルポンアタから車で2時間。

 

イシククリ州州都のカラコル市は中国との国境が近く、

 

中国から逃れてきたイスラム教徒のドゥンガン人が多い街でもあります。

カラコルでまず食べてみたいのが、

 

ドゥンガン料理「アシュランフー」

 

お昼時のバザールではアシュランフー屋台がキルギス人でいっぱい!


是非一度ご賞味あれ♪

 

バザール価格:20ソム(約40円)~ 

続きを読む 1 コメント

キルギスに来るならこんなところへ!

★ブラナの塔★


10~13世紀に栄えたカラハーン朝の首都バラサグンに建てられたミナレット。


45mの高さがあったミナレットは地震で崩れ、現在は24m。

 

塔の周りからはさまざまな表情をした石人たちが迎えてくれます!

◆アクセス◆

ビシュケク市東バスターミナルからトクモク行きのマルシュルートカ(ミニバス)に乗り、終点のトクモクで下車。トクモクからはタクシーで約10分。

◆入場料◆
40ソム(約80円)

 

キルギス観光情報についての問い合わせは、

 

EMAIL: issykkul.marathon@gmail.com

 

青年海外協力隊 朝山琴美 まで。

★ブラナの塔★
10~13世紀に栄えたカラハーン朝の首都バラサグンに建てられたミナレット。
45mの高さがあったミナレットは地震で崩れ、現在は24m。
塔の周りからはさまざまな表情をした石人たちが迎えてくれます。

アクセス:
ビシュケク市東バスターミナルからトクモク行きのマルシュルートカ(ミニバス)に乗り、終点のトクモクで下車。
トクモクからはタクシーで約10分。

入場料:
40ソム(約80円)

 

キルギス観光情報問い合わせ先:
issykkul.marathon@gmail.com
青年海外協力隊
朝山琴美

キルギス共和国イシククリ州カラコル市在住。
お気軽にお問い合わせください♪


(キルギス共和国イシククリ州カラコル市在住)

 

続きを読む 0 コメント